Instagram投稿頻度

インスタグラム

こんにちは、Webにーずのえんちゃん (@web_needs)です。

ふだんは飲食店応援口コミサイト『たべたし』の記事ばかり書いています。

はじめてブログやSNSをやる中で、つまずきポイントやわからないことがたくさん出てきます。

そんな時は、同じような経験をしてきた人に聞くのが手っ取り早いので情報共有をしていけたらと思います。

『たべたし』サイトの認知度アップやブログを読んでもらうためにやってきたこと、2020年12月20日から始めた SNS (Instagram・Facebook・Twitter・TikTok)やブログ運営で気付いたことを書いていきますので、これからサイト運営やブログ、SNSを始められる方のお役立ちになればと思います。

「Instagramを始めた理由は?」

Instagramアカウントを開設して初めての投稿で、最初に貰った「いいね!」って覚えてますか?

自分は全くの初心者で投稿の仕方すら分からなかったので必死で、スマートフォン片手にパソコンと睨めっこしながら初投稿したのを覚えています。

あなたも最初は「いいね!」「コメント」「フォロワー」が増えるのが楽しくて投稿を毎日されていたことだと思います。

それが一日・二日と投稿しなくなり、気が向いた時に投稿するようになっていませんか!?

趣味でやっている方なら個人の自由で投稿したい時だけで構いません。

もしあなたがビジネス目的でアカウントを開設したのならば、Instagramを始めた理由をもう一度お考え下さい。

「投稿頻度」

「たべたし」はInstagramアカウント開設から、今日まで毎日投稿をしています。

毎日投稿しているから偉いと言っている訳ではありません。

これは自分ルールで、一年間毎日投稿すると決めた事と投稿する目的があるからやっています。

投稿頻度をあなたのお客さんに置き換えて考えてみてください。

飲食店であれば、毎日食べに来てくれるお客さんとたまにしか来ないお客さん。

じゃあ、絶対毎日投稿しないといけないかといえばそうではありません。

毎日投稿できるのであればした方がいいのですが、大事なのは投稿の数じゃなくて質 (内容)です。

あなたのペルソナにささる投稿をじっくり考えて、週2投稿から始めてみてください。

続けていけば、劇的にフォロワーさんの反応が変わります。

「文章は才能ではなく慣れ」

文才がある人は一握りで、『私を含めその他大勢が凡人』です。

上手く文章を書こうなんて思わないでください。

あなた自身の素直な言葉が一番なんです。

まずはあなたが納得する記事を書いてみて投稿してください。

そこからは、記事を書く→反応を見る→問題点を改善して記事を書くの繰り返しです。

「たべたし」では今まで220記事くらい書いており、そのうちの半分以上の記事が検索の1ページ目に上がっております。

あなたにも経験があると思いますが、検索した際に見られるのは1ページ目が大半を占めており、2ページ目以降にいくにつれて見てもらえなくなります。

記事を1ページ目に上げる方法は、需要がありましたら書きたいと思います。

過去書いた記事も定期的にリライトしていくことにより、検索に引っかかる記事に出来ます。

「毎日投稿する方法」

記事を書き続けることにより「自分だけの投稿スタイル」ができます。

最後にやるのが、自分だけの投稿スタイルを「定型文テンプレート」にすることです。

定型文にすることにより、記事構成に悩むことなく、さらにクオリティを落とすことなく最短で記事を書くことができるのです。

「たべたし」の毎日投稿はこの方法で続けています。

定型文もずっと使い続けるのではなく、反応を見て定期的にリライトしていくことが大事です。

あなたがこの投稿を見て頂き、今日から投稿してみようと思って頂けましたら幸いです。

Webにーずでは、実際に私たち自らSNSやブログ運営をしており着実にフォロワー・PV数を伸ばしております。

ホームページ制作だけでなく、SNSコンサルなどもやっておりますのでお気軽にご相談ください。

以上、えんちゃんがお届けしました!

またお会いできることを楽しみにしています。

関連記事一覧